毎日のお弁当作りを楽しく、簡単にする方法

“家族のお弁当を作り始めて、15年が経ちました。
一時期は子どもたちのお弁当も作っていましたが、現在は給食の為、夫の分のみです。
料理が得意な方は、お弁当作りが苦ではないと思いますが、私はどちらかというと料理は苦手です。
そんな私が毎日お弁当作りを継続できている秘訣は、『頑張らないこと』だと思っています。
自分の中でのルールは、動物性タンパク質、植物性タンパク質、あとは彩りのいい野菜を入れることです。
卵はとても簡単にタンパク質を摂取できるので、お弁当の常連です。
ゆで卵、目玉焼き、卵焼き、スクランブルエッグなど、その日の気分によって変えています。
植物性タンパク質でのオススメは高野豆腐です。
かぼちゃと一緒に炊き合わせると、ご飯が進むおかずの完成です。
あとは、冷凍の野菜を上手に使うことで、かなり手早くお弁当を作ることができると思っています。
今は、冷凍野菜のクオリティもかなりあがっているので、お気に入りのものをストックしておくといいかもしれません。
『今日は何分でできた!』と、自己ベストを更新すると、少し嬉しくなります。
また、夫が毎日感謝してくれるので、モチベーションを保てているとも思っています。”