歯磨きができるようになるまで!うちの4歳の愛犬のルーティン

“愛犬も人間と同じで歯磨きが必要なのだと知ったその時から始めました。愛犬が4歳になったあたりで始めたと思います。まず最初は慣れないと嫌がる子もいると思うので長くやらず、口元に触ることに対して慣れてもらうことに集中したほうがいいと思います。幸い、うちの子は嫌がることなくやらせていただけました。また、お散歩から帰ってきたら足を拭かないと部屋に入れないようにしつけていたので、そこに歯磨きを組み込みました。犬は経験が全て、といっても過言ではないのでお散歩が終わる→足を拭く→歯磨きが終わる→部屋に入れるとルーティンにしたところ嫌がることなくやらせてもらえました。
また、こういった犬のケアをする時は地べたでするよりも、洗濯機など少し高さのある所に犬を置いて行っていたので嫌がることもなければ逃げ出すこともなく、なおかつケアする私たち飼い主の腰痛予防にもなるのでおすすめです。ある程度高さがあると犬もその高さを理解するみたいでその場を飼い主が離れても飛び降りることはありませんでした。(あくまでうちの子の場合なので全ての犬に適応するとは限りません)歯磨きですが、犬専用の歯ブラシや歯磨き粉を使うことはなく人間用でも十分にことが足りました。
歯ブラシは歯間を磨きやすいのうな先のとがったもの、またはこどもようの小さいものを使用しました。毎日歯磨きを継続していれば綺麗を保てますし、特に愛犬の歯に何かトラブルが起きたことはありません。犬が人間のように口をずーっと開けていられることは難しいと思うので歯茎をめくって軽い力で、磨くというより撫でるようにしました。長い時間磨いている必要はなく、慣れるまでは歯磨きの動作を嫌がらないようにさせる程度から初めていくといいと思います。

最後の仕上げとしてマヌカハニーを歯茎を磨きました。マヌカハニーには殺菌効果も期待出来るし体にいいと思って購入しました。歯茎のお手入れは歯ブラシで行うと傷をつけつしまう可能性があるので代わりに指で行いました。これも歯磨きに慣れてきていたら噛まれることはなく、マヌカハニーによるトラブルもみられていません。
また、トリミングに行くときにも歯磨きセットコースがあったのでそちらを利用しました。飼い主以外の人間にも触れてもらうことにより、誰でも口元に触れるように訓練にもなるからです。愛犬によって個体差が大きく、うちで成功したことが適応できないこともあるかと思いますが、根気よく続けてみてくださいね。”
ドクターワンデルの最安値はどこ?販売店はある?お得なキャンペーン情報