支那人の車夫が行つてしまつてから、日本人は腕を組んで、何か考へてゐるやうでした

支那人の車夫が行つてしまつてから、日本人は腕を組んで、何か考へてゐるやうでしたが、やがて決心でもついたのか、さつさとその家の中へはひつて行きました。すると突然聞えて来たのは、婆さんの罵ののしる声に交つた、支那人の女の子の泣き声です。日本人はその声を聞くが早いか、一股ひとまたに二三段づつ、薄暗い梯子を馳け上りました。さうして婆さんの部屋の戸を力一ぱい叩き出しました。
 戸は直ぐに開きました。が、日本人が中へはひつて見ると、そこには印度人の婆さんがたつた一人立つてゐるばかり、もう支那人の女の子は、次の間へでも隠れたのか、影も形も見当りません。
「何か御用ですか?」
 婆さんはさも疑はしさうに、じろじろ相手の顔を見ました。
「お前さんは占ひ者だらう?」
 日本人は腕を組んだ儘、婆さんの顔を睨にらみ返しました。
「さうです。」
「ぢや私の用なぞは、聞かなくてもわかつてゐるぢやないか? 私も一つお前さんの占ひを見て貰ひにやつて来たんだ。」
「何を見て上げるんですえ?」
 婆さんは益ますます疑はしさうに、日本人の容子ようすを窺うかがつてゐました。
「私の主人の御嬢さんが、去年の春行方ゆくへ知れずになつた。それを一つ見て貰ひたいんだが、――」
 日本人は一句一句、力を入れて言ふのです。
「私の主人は香港ホンコンの日本領事だ。御嬢さんの名は妙子たへこさんとおつしやる。私は遠藤といふ書生だが――どうだね? その御嬢さんはどこにいらつしやる。」
 遠藤はかう言ひながら、上衣の隠しに手を入れると、一挺のピストルを引き出しました。