外国語への苦手意識は知らず知らずのうちについている

私は幼児の早期英語教育に賛成です。
日本の教育現場では中学生から本格的に英語教育が始まります。
現在は英語教育にスムーズに入れるように小学生から導入されてきていますが、それでは遅いと感じています。
なぜ、中学生の英語という学習で躓く子どもが多いのか。それは幼少期に形成される英語というものに対しての先入観であったりするのではないでしょうか。特に保護者世代に根強く染み付いている『外国語や外国の方への苦手意識』は知らず知らずのうちに子どもへの意識形成に影響があると思います。
そのような状態で、子どもたちがいざ英語学習に取り組んでも、受験のためだけの英語しか身に付かず、世界で通用する英語など習得できるはずはありません。日本は先進国であるにも関わらず英語教育のシステムでは後進国だと言われています。
子どもたちの可能性を広げるという意味でも早期英語教育には賛成です。
幼児の早期英語教育のメリットは、やはり可能性が広がるということではないでしょうか。
例えば近年、スポーツ選手が日本から海外へ活躍の場を移しプレイする姿を多く目にします。その際に通訳をつけずに拠点を移す選手が多くなっています。
通訳を介さないということはそれなりのご学力も必要ですが、人間関係を作り安くチームにも馴染みやすくなると言います。何をするにも円滑な人間関係はベースになります。
早期からそのような環境作りをしていることは、子どもの可能性を広げてあげられるという面がメリットだと思います。
早期英語教育のデメリットは、日本は英語教育の環境が十分に整えらていないという面ではないでしょうか。
早期英語教育を受けたい者は、個人で習い事の場などで学ぶのが日本の現状です。その環境も様々です。早期英語教育を受けているというだけで、まだまだ偏見の目も多いのが現状だと思います。そのように周りから捉えられてしまうデメリットもあるのが、今の日本だと思います。
7+bilingual 返品