不倫問題を解決するときには穏便を目指す

実は、浮気、不倫の証拠としては、よく言われる「写真」「録音した音声」などだけでなく「クレジットカードの利用明細」「Suica、PASMOの利用履歴」「SNS」なども証拠にできる一方で、デジタルデータ(デジカメの写真、スクリーンショットなど)は証拠として弱いことがありますので、参考にしてください。離婚は、誰でも簡単にできるというわけではなく、相手が離婚したがらなかったり、条件に折り合いが付かない場合、裁判になることもあります。

ただし、その場合に「一方がした行為が原因で、夫婦関係が破綻した」ということが分かると、離婚の請求が通りやすいです。不倫慰謝料請求を紹介する弁護士のホームページなどでは、時々「不十分な証拠でも、それらを組み合わせることで、浮気 慰謝料 証拠としての価値を高めることができます」といったアピールも見られます。

では「不貞行為を認める」内容の録音や念書を取っておけば、もう相手は言い逃れできず、安心して慰謝料請求を進められる状態になるでしょうか?おもな事実関係について双方に認識の相違がなければ、その事実を前提として、不倫問題の解決に向けて当事者の間で話し合いを進めていくことができます。

もし、裁判所での手続になれば不倫の事実が公になる恐れがあり、そのうえに当事者の双方に時間的又は経済的な負担が生じ、精神的に大きく消耗することになります。