コロナ禍以降の集団塾への通学について

子供の友達が「塾などに通っている」と聞く中、自分の子供は塾に通わせないといけないのか?という恐怖心もあります。
学習習慣が身についていない小学生に勉強を習慣化させる目的で塾に通わせるのは一定の効果が期待されると思います。
勉強する習慣を学校以外の場所で常に身に付けることは、
その後の子供の人生に良い影響を与えるでしょう。
中学受験をするから塾に通うというわけでなく、受験が目的でなくても通うことは大きなプラスがあるで、
週何個かの少ないコマ数でもいいので、通わせるというのもいいアイデアだと思います。
集団指導塾で有名なところを上げると、学研教室や栄光ゼミナール、公文式などがあります。
集団指導が合わないお子様であれば、個別教室のトライやスクールIEと言った個別指導塾がオススメです。
自宅でも受講できる通信教育では、スタディサプリ・進研ゼミなどがありますが、講師の目がない分、お子様が一人で集中して取り組めるのかが重要です。
中学生のお子様には、高校進学に向けた受験対策が万全な進学塾に通わせたいと考えがちですが、
高校への進学進学だけが目的であれば、学内の指導だけで対策はカバーできると思いますが、
大学に進学したいと考えているのであれば、ある程度偏差値の高い高校に進学しておくほうが、
受験の基礎や対策だけでなく、子供のモチベーションがアップすると思います。
良い高校にしんがくして大学受験をしやすい環境を整えたいなら、進学塾や予備校の利用も検討するべき選択肢の1つです。
高校受験対策の塾で有名なのは東進中学部・栄光ゼミナール・個別教室のトライ・早稲田アカデミーなどがあります。
個別指導を希望なら、東京個別指導学院、明光義塾、TOMAS個別教室のトライなどがあります。
COVID-19の感染拡大以降、対面式の塾への通学を控えるケースも多くなり、
社会全体がテレワークを導入し始めているように塾でもオンラインの通信教育がシェアを伸ばしてきています。
現在のところでは、Z会の通信教育・スタディサプリ・スマイルゼミ・進研ゼミの四つが特に選ばれているようです。
オーダーメイド式学習というプログラムで、スマイルゼミはその子の学習状況などを判定しながら進めていくという、
自分の学校を選択すると、学校で使われている教科書に合った問題が出てきて予習復習が簡単にできるなど、勉強がスムーズにできます。
進研ゼミは勉強嫌いなお子さんに親しみを持って取り組め、Z会は難関高への進学を考慮するお子さんにおすすめな教材です。
進学塾や通信教育ごとに異なるメリットやデメリットがあるため、子供の状況に合わせた選択をしましょう。
個別教室のトライ